FC2ブログ

Riding & Maintenance etc...

気ままなXR650R・アドレスV125G他の整備等記録とその他モロモロ…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オイルラインチェック

今回、フレーム下部のオイルストレーナー及びエンジン下部のオイルフィルタースクリーンのチェックをしてみました。
画像の赤丸の部分です。

オイルライン



まずは、オイルをドレンから抜いてしまい、オイルストレーナーのチェックから始めた。
ストレーナーを抜いてみると、みごとに若干つまり気味だった。
こりゃオイルの循環に影響悪そぉー!!
ということで、オイルクリーナーとエアガンで吹き飛ばす。
綺麗にしたところで、事前に買っておいたOリングとワッシャーで組み直す。

次には、エンジンのオイルフィルタースクリーンだが、これは右側のクランクケースカバーを外すと出てくる。
カバーを再組み付けする時に交換するのは、ガスケットだけなので事前に買っておいた。
スクリーンには殆ど目詰まりはなかったけど、2回ほどエンジンを壊したときの大きなアルミくずや鉄くずが溜まっていた。

やはり、この二つとも開けてみて良かった。
組み付け後の走行は実に軽快な吹け上がりになったような気がする。
オイルが新しくなったせいもあるかも知れないが、それ以上にエンジンの回り方が違う気がした。
オイルの循環も良くなって、エンジンへの負担もこれでだいぶ軽減されたかな?
スポンサーサイト
  1. 2005/11/23(水) 20:57:58|
  2. XR650R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://teasea.blog22.fc2.com/tb.php/16-96f6c1ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。