FC2ブログ

Riding & Maintenance etc...

気ままなXR650R・アドレスV125G他の整備等記録とその他モロモロ…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2005年9月17~19日 四国一泊ツーリング

※写真が全くないです…すいません(^^ゞ

ルートマップ
ルートマップ
黄色線:1日目走行ルート 茶色線:2日目走行ルート

17日午後9時半に港でみんなと待ち合わせていたが、なかなか来ない…。
あと2人が同じように9時くらいから来ていた。
ちょっと気になって電話してみたら、もう来てるとのこと。
「え?」
階数を間違えたようだ(笑)
で、何とか皆と合流して、フェリーに無事乗船。
今回のツーリングは、15人と大所帯となり、先導のNS氏はとても心配そうだった。

波瀾万丈のツーリングの幕開けとなった…。


乗船してから、早速宴会(笑)
ビールやら焼酎やらラム酒と、おつまみ食べながらウダウダと午前1時くらいまで喋っていた。
翌朝、やはり頭が痛く少し二日酔いに…(xx)
降船後すぐのコンビニで、サンドイッチを買い、朝食をとり林道目指して再出発!!
途中になんと!!「テロ警戒中」の看板が!!!
四国って、テロ行為あるの?どんなとこやねん!!(笑)
そして林道手前で、とりあえず給油する。
林道に入ったとたん、カッ飛び組とマイペース組とわかれた(笑)
今回、ビジターさん4人で、その内のO氏とK氏はバリバリ早いのだ!!
そのお二方のバトルと自分が何処までついて行けるか楽しみだった。
林道にはいると、さすがに早い…。
まずは体を慣らすために適度に走り、感覚を掴んでから飛ばしてみた。
とりあえず先頭を走らせてもらったのだが、前述のお二方のどちらかが後ろにいるのがわかる…。
もう少しペースを上げるが、さすがに極端には差を開けれない。
なんとか、追いつかれずに分岐までたどり着いてストップ。
実はこのお二方、どちらもXR250なのだ。
コーナーのスピードは半端じゃなく、きっとコーナーでは負けてる(^^;
直線や緩いカーブなど、650ccのパワーで立ち上がりのトラクション重視走行で、なんとか抜かれずに済んだと思う。
途中、何処の林道かわからないが、ちょっと抑え気味で走行中、後ろからK氏が張り付いていた…。
「わぁー!!来たー!!」と思い、ペースを上げてみる。
ふと、ミラーを見ると…「あれ?いない…」
ちょっと心配になって、先の下りのヘアピンカーブで曲がった先に停車していると上でみんなが停車していくのがわかった。
なんか嫌な予感がして、戻ってみるとK氏が落ちていた(^^;
でも、この大所帯のお陰でバイクは難なくあがっていったのだ。
しかも、K氏は怪我1つしていないようだ。よかったー。
どうやら、フロントタイヤがコブはあるものの古い物だそうな…。
小休止して再出発!
しばらく走っていると土砂崩れの現場が現れた。
2人ほど前を走っていて、1人は避けるようにクリアしたが、2人目のG氏は乗り越えに挑戦!!
「あ、こりゃあかん!!」と思った瞬間には、G氏の前後輪は土砂に捕らわれて、バイクが勝手に立ってる状態になった(笑)
引きずり出すと、見るも無惨にドロドロ状態であった。
再出発!!
G氏の後ろを走っていたら後輪にまだ付いていたドロがオレに飛びかかって、ヘルメットのチンガード部とバイザー部にペトって…。
走行中、G氏が「ちょっと離れてー」って合図する。
即座に離れて、G氏は急激なリヤタイヤの遠心力でドロを飛ばし始めた。
もうトラブルはないかな…。と走行していると、少しロックセクションが現れる。
ここで、誰かパンクしないかなと心配しながら、ロックセクションが終わったあたりで待っていると、H氏のフロントタイヤがパンクしてバイクを押してやってきた。
実はH氏はパンク修理をやったことがなく、まわりの指導を受けながらまた手伝ってもらい、なんとか終わらせました。
林道を抜け、やっと昼飯にありつくことが出来る!!
と思ったら、何やらその周辺の運動会とやらで店はお休みで、他を当たることになりました。
そして、2件目に到着したら結構お客さんが入ってる。
ここで、おでんと本当はざるそばを食べたかったけど品切れ…。
仕方なしに山菜そばを食べました。
その後は、何もなく風景を楽しみながら宿に到着。
到着したのは、約18時で晩飯が19時から…。
みな慌てて、温泉へ行ったとな…。
いやぁ~、疲れと汚れの付いた体で温泉は最高っす♪
みんな、さっぱりとした顔つきで晩飯にありつけました。
今までの一泊ツーであれば宴会が始まるところだが酒代がえらい高いとかで晩飯時にはあまり飲めず…。
晩飯が終わってから2次会を部屋で日本酒を飲みながらワイワイガヤガヤとトラブルやテクなどいろんな話をして、1日目が終了となりました。

2日目は、朝から何とか早起きして、とりあえず缶コーヒーを片手に一服していた。
すると、メンバーが朝風呂に向かうところを発見。
「おっと、オレも行こっと♪」ということで、朝からほかほかの体で朝食を迎える。
普段なら殆ど食べないのだけど、こういう場だとビックリするくらい食欲があるのは不思議…。
ご飯3杯も食べてみそ汁も2杯飲んでしまった(笑)
あーもぉ食えん!
朝食を終えると、そそくさと出発準備に掛かるのだが、昨晩温泉にて洗ったジャージは乾いていたが、靴下が半乾き…。
朝食前の朝風呂の洗面化粧台のドライヤーである程度熱風を浴びせておいていたがダメだった(xx)
仕方なしに履いて出発する羽目になってしまったのだ。
出発前に何やら後ろで騒いでる。
どうやら、Y嬢のバイクのウインカーが付きっぱなしらしい。
2日目にして、いきなりトラブルか?!!
何ともならないようなのでとりあえず出発。
2日目は宿の近くで1日目の最後に走った近辺の林道を走ることにしていた。
途中まで1日目の逆走路で分岐に入る。
そこから、オレはちょっとゆっくりと走っていた。
数キロ走ったところで、何やら前を走っていた集団が止まっている。
なんかただならぬ雰囲気にと誰かが屈み込んでいる「な、なに?」と思ったオレは慌てて降りて、近寄ってみると…。
HD氏が落ちたとのこと。あちゃー。
どうやら、拳二つ分くらいの石でフロントを取られバランスを崩し立て直す間もなくそのままHD氏諸共落下したらしい。
幸いなことに、バイクもHD氏も木で引っかかって、3m程度の落下で済み、またバイクをあげるのに助かるスロープもあった。
しかも、バイクの向きは上げやすい方向で落下したため、上げるのも短時間で済んだのだ。
気がかりなのは、HD氏の怪我であったが、見たところオレが過去に負った怪我の例からすると縫うほどではないかなと思った。
バイクの損傷は、ウインカー本体が外れハーネスでぶら下がっていてレンズが外れている程度。
球切れもなく、エンジンも直ぐ掛かった。
オフロードバイクの丈夫さにはいつもビックリさせられるのは、言うまでもないかな(笑)
バイクの修理中にHD氏の応急処置を済ませ、少し休んでいた。
このトラブルがあって、しんがりを勤めていただいてたHS氏は、落ちているバイクを見た時にこう思ったそうな…。
「フェリーに間に合わんな…。帰りは自走か?」
いや、何人かはそう思ったかも知れない(笑)
フェリーの時間を気にしながらもナビを勤めていた、NS氏はルート変更を決断し、そのまま林道を戻り舗装路で港に向かうこととなった。
林道を出るまでオレはHD氏の後ろを走り、皆と合流した。
ここで、Y氏が帰りは自走で帰ると言っていたので別れることとなるため記念撮影後、先に我々が去っていった。
ここで丁度12時であった。
HD氏のトラブルの時に小雨が降ったり止んだりで、Y氏と別れてから数十キロ走ったところで本格的に降ってきた。
「わーっ!!今回の一泊ツーはボトなしと思っていたのにー!!」
と思いながら、カッパを着れそうな地点が見つからず、ビチャビチャになる前に何とかコンビニに入ることができた。
当然のように、みんなカッパを着て少し腹ごしらえをして、フェリーの時間が迫ってきてるので直ぐに出発となる。
ここからがちょっとまた怖かった。
先頭のNS氏を筆頭に、スピードを上げればそれに着いて行くってな感じで、町中を右に左と車を交わしながら進んでいく。
この時オレは結構後ろの方にいたので、前車がよく見えていた。
「うーん、まるで族やな…」と思ったのはオレだけではないかも?(笑)
とりあえず、何もなく港に到着し、ギリギリセーフで乗船することが出来た。
降船までおよそ7時間あるなか、ビールを飲んだり、喋っていたり、少し腹ごしらえしたり、一眠りしてみたりと、まったりとした時間を過ごせた。
「やっぱフェリーは楽やなー」と実感したのは言うまでもない。
この間に、今回の精算をしたわけだが、なかなか旨く計算できないのはいつものこと(笑)
1時間くらいはやってたかなぁ?
それよりも驚いたのが、女性陣だった。
船に乗ってる間、HD氏を含めてずっとしゃべり続けていたようだった…。
一眠り後、起きてきても場所変わらず、喋っていた(^^;
晩飯時に売店が開くが、やたら高いためカップヌードルのみ(笑)
そうこうしてるうちに、神戸に到着する。
神戸に到着してから、近くのコンビニで解散と言うことになるのだが、ここでまたもやトラブル発生。
HD氏の冷却水が漏れていた。
水を調達して補水し、なんとか帰るまで保たすことに…。
横ではG氏がY嬢のバイクのウインカー付きっぱなしの原因を探っていた。
結局、壊れていたハザードスイッチっぽいのが原因?でそれが入っていたようだった。
とりあえず、直ってよかった。
そうそう、そういえばオレのバイクにも異変があった!!
トラブルって言うほどではないのだが、ヘッドライトの球切れで、夜の走行が怖い状態だった。
とりあえず、NS氏が「たぶん家に球がある」ということで、寄って帰ることになった。


振り返ってみると、今回のツーリングで非常に助かったのは、3人の存在が大きい。
最初から最後までナビを勤めてくれたNS氏。
ロープを持ってきてくれていたS嬢。
そして、しんがりを勤めてくれたHS氏である。
今回ほど内容の濃い一泊ツーリングは今まで無かったかと思います。
この3人に感謝しつつも…またよろしくお願いします(笑)
さらにHS氏には、ツーリング前の整備で非常にお世話になりました。
お陰で生まれ変わった、XR650Rで楽しい走行が出来ました。
一番良かったのは、フロントフォークのOHでしょう。
この時のピストンロッドの磨きが効果合ったのか非常に良い動きをしてくれました。
またNS氏が持ってきてきていた、GPSも欲しくなりましたね(笑)
大所帯でトラブルもありましたが、非常に楽しく走行できたことに感謝です。
また来年もよろしゅぅ~♪
スポンサーサイト
  1. 2005/09/17(土) 22:19:47|
  2. Riding
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:5

コメント

清水さんも長文ですな~(笑)
また行きましょう。これからも単車には乗り続けてくださいね。
  1. 2005/09/26(月) 23:15:21 |
  2. URL |
  3. にっしー #-
  4. [ 編集]

あ、GPS使って見たいときは言って下さい。
貸しますよ。
  1. 2005/09/26(月) 23:24:52 |
  2. URL |
  3. にっしー #-
  4. [ 編集]

書くこといっぱいあったからねー!
話が前後してなかった?(笑)
当然、あのバイクにはまだまだ乗るよー。
一生、手放さんで(笑)

GPS、ほんまええなー♪
  1. 2005/09/27(火) 07:26:19 |
  2. URL |
  3. てぃ #iqebnUBo
  4. [ 編集]

ほんまに長文ですな~。
部長と一緒にオゾン作文部でも設立できそうな勢いですね。

ともかく、この1泊ツーを楽しんでもらえたようで、本当によかったです。

日ごろのツーもまたご一緒しましょう。
  1. 2005/09/27(火) 22:46:12 |
  2. URL |
  3. しの #-
  4. [ 編集]

マジ、楽しかったっす♪
しのさんにもいろいろお世話になりやしたー!
  1. 2005/09/28(水) 21:06:08 |
  2. URL |
  3. てぃ #iqebnUBo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://teasea.blog22.fc2.com/tb.php/7-53cd0572
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2005年9月17~19日 四国一泊ツーリング

参加者:長谷川・高橋・刑部・新川(記録者)・清水・本田・矢口・大隈・兵頭・西垣夫婦・小川(ビ)・KO錠(ビ)・よこまき(ビ)・やまりょう(ビ)      9月17日 天候:曇り
  1. 2005/09/28(水) 21:01:01 |
  2. オゾン ツーリングレポート

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。