FC2ブログ

Riding & Maintenance etc...

気ままなXR650R・アドレスV125G他の整備等記録とその他モロモロ…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

XR650R エンジン オーバーホール 腰上編①

さて、今回のエンジンオーバーホールの経過を報告させていただきます。

今まで通勤で80,000km超を走り、その走行距離の途中で2回エンジンを壊し、その度にオーバーホールしたわけですが、それにしてもよく走ったぞ。
あげく、オイルの消費が異常に早くなってきたのが今回オーバーホールをする切っ掛けとなりました。
それと、通勤専用のアドレスV125Gを手に入れたのも良い切っ掛けです。


作業開始です。
作業場所のは、ツーリングクラブメンバーのH氏のガレージでメンバーの間では通称『H'sFactory』とメンバーの間では呼んでいる。
ガレージと言うよりホント工場なのだ(笑)

エンジンをバラすのに不必要かつジャマな物は、全部外しちゃいます。
まずは外装。
xr650r_OH001.jpg

それでもまだまだジャマ物はいっぱいと言うことでドンドン取っていくとこんな感じ。
xr650r_OH002.jpg

『さぁ、これどこに置くよ…』と言わんばかりの外されたパーツ類
xr650r_OH003.jpg
写真以外にもいっぱいあるよ^^;

では、早速上から順番にバラしに掛かる。
xr650r_OH004.jpgxr650r_OH005.jpg
xr650r_OH006.jpg
カムシャフトも思った以上に状態が良くてホッ…^^

見てのとおりシリンダーですな。
ちょっとオイルまみれですが、状態は良さそうです。
xr650r_OH007.jpg
ここで作業する前に、シリンダーを交換するかどうか悩んだが、このまま使うことを決断。
でも本音としては交換したかったんだが…(笑)

ヘッド(燃焼室)ですね。
みっちりカーボン溜まってるなぁ…。
まぁ燃焼具合としてはこんなもんでしょうか。
xr650r_OH008.jpg

で、ピストンもこんな感じでいい焼け具合^^
よく見ると排気側の方がやはりカーボンの付きが多く、排気の流れが目に見える。
xr650r_OH010.jpg

一気にヘッドのバラしに掛かる。
ヘッドのバラしに必要なのがバルブスプリングコンプレッサーという特殊工具。
H氏が欲しかったからと事前に購入しててくれてた;;
xr650r_OH009.jpg
そうそう、バルブスプリングは上下があるので気を付けておかないといけないが、XR650Rのバルブスプリングには上側の証(緑の塗装)があるので特に気を付けるほどではなかった。

ちょっと休憩中に腰上をバラした愛機を…。
xr650r_OH011.jpg
いやぁ~♪軽そうです(笑)


とりあえず、今回はこの辺で…続く。

腰上編②へ

スポンサーサイト
  1. 2007/02/27(火) 07:32:33|
  2. XR650R エンジンO/H
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://teasea.blog22.fc2.com/tb.php/74-5a461d31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。