FC2ブログ

Riding & Maintenance etc...

気ままなXR650R・アドレスV125G他の整備等記録とその他モロモロ…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

XR650R エンジン オーバーホール 組立て編④

前回、あと一歩でエンジン完成のところで終了だった。
xr650r_OH099.jpg

さて今回は記事少なめ…。
遅れ気味であった友人の4CC2の整備を手伝っていた^^;


前回でやってしまえば良かったかも知れないジェネカバーの取り付け(笑)
xr650r_OH101.jpg
当然ガスケットが密着して取れない部分の除去作業がある。
そんなこんなで30分ほどカッターとオイルストーンでゴシゴシしていた。
それが終われば、新品のガスケットを挟んでカバーを被せる。
xr650r_OH102.jpg

やっと、これでエンジン完成したわけだ!!

永い道のりだった…。
2006年10月から始めて、腰上O/Hだけのつもりが、腰下までO/H作業をして、ようやくエンジンだけ2007年3月に完成。
でも、まだ作業はある(笑)

ということで、次の作業だ。
エンジンが完成したらせっかくの丸腰状態なのだから、丸ごと洗ってしまおうと思っていた。
と言うことで、マスキング作業に入る。
一番汚いのは腰下なのでその中で洗いに掛けるときに気になるのはブローバイガスを排出するパイプとオイルラインである。
xr650r_OH103.jpgxr650r_OH104.jpg
ちなみに右の写真の一番左のマスキング部はウォーターラインであり、水が入っても問題ないのだが、汚れた水は入れたくないので念のためマスキングしておいた。

さぁ、洗おう。
パーツクリーナーと家庭用食器洗い洗浄剤とブラシでゴシゴシ…。
時に汚いのはドライブスプロケット廻りのチェーンオイル汚れだ。
これがまたしつこいのだ。
途中でパーツクリーナーが無くなって困った。
xr650r_OH105.jpgxr650r_OH106.jpg
とりあえず大まかな汚れを取っていくことにする。
次は、クランクケースの底である。
エンジンガードがあったりで、この部分を洗ってる人は意外に少ないのではないかな?
で、エンジンを横倒しして、ゴシゴシ洗ってしまう。
xr650r_OH107.jpg
ここでも大まかな汚れを落としてしまう。

また後日にパーツクリーナーを使って、洗い直すことにする。
今日はこんなところで作業は終了だ。 はやっ!!(笑)


ちなみに友人の4CC2である。
070303.jpg
これは今日の作業完成後の写真であるが、フォークから下の作業をした。
・以前にバラしていたフォークの組立て。
・洗い終わったホイルにタイヤ取り付け。
・バラしていたキャリパーの組立て。
・そして最後に車両への取り付け。
この作業の殆どを、失礼な言い方だが素人である友人がやったのだ。
オレはちょっと手伝っただけ。
それにしても○マハのサービスマニュアルは○ンダに比べると不親切だ。
一度組んだフォークもバラす填めに…。
070303_1.jpg


さて、次回はエンジン洗浄の続きを頑張らなければ…。

組立て編⑤へ

スポンサーサイト
  1. 2007/03/03(土) 21:01:51|
  2. XR650R エンジンO/H
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://teasea.blog22.fc2.com/tb.php/83-d04709a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。